幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中国との領土問題が深刻化している。すでに“死に体”の野田ドジョウ政権が、ほぼ最後のあがきで犯した失態であり、国家に大きな損害をもたらす罪である。

 なぜ、「国有化」を宣言する必要があったのか。そして、そうした場合に中国がどう反応するかを、十分に検討したのか。

 野田ドジョウ政権は、感覚的には、石原伸晃と同じような“ノー天気”さで失態を招いたとしか思えない。「中国は攻めてこない」というのは、武力で戦争になることはない、ということしか考えず、政治と経済で“攻められる”ことへの配慮がなさすぎる。外務省を含む官僚は、いったい何を考えていたのか。あるいは、どう政治家をサポートしたのか、いや、なぜブレーンとして補佐できなかったのか。

 以前にも紹介したが、藤原正彦著『国家の品格』(新潮新書)から引用したい。
藤原正彦著『国家の品格』

愛国心の二つの側面

 祖国愛に対しては、不信の目を向ける人が多いかも知れません。「戦争を引き起こす原因になりうる」などと、とんでもない意見を言う人が日本の過半数です。
 まったく逆です。祖国愛のない者が戦争を起こすのです。
 日本ではあまりよいイメージで語られない「愛国心」という言葉には、二種類の考えが流れ込んでいます。一つは「ナショナリズム」です。ナショナリズムとは、他国のことはどうでもいいから、自国の国益のみを追求するという、あさましい思想です。国益主義と言ってよい。戦争につながりやすい考え方です。
 一方、私の言う祖国愛は、英語で言うところの「パトリオティズム」に近い。パトリオティズムというのは、自国の文化、伝統、情緒、自然、そういったものをこよなく愛することです。これは美しい情緒で、世界中の国民が絶対に持っているべきものです。
 ナショナリズムは不潔な考えです。一般の人は敬遠した方がよい。ただし、政治家とか官僚とか、日本を代表して世界と接する人々は当然、ある程度のナショナリズムを持っていてくれないと困る。
 世界中の指導者が例外なく、国益しか考えていないからです。日本の指導者だけが「ナショナリズムは不潔」などと高邁な思想を貫いていると、日本は大損をしてしまう。安全や繁栄さえ脅かされる。一般の国民は、ナショナリズムを敬遠しつつ、リーダーたちのバランスあるナショナリズムを容認する、という大人の態度が必要になってくる。現実世界を見ると、残念ながらダブルスタンダード(二重基準)で行くしか仕方がないのです。無論、リーダー達の過剰なナショナリズムへの警戒は怠ってはなりません。


 この「バランスのあるナショナリズム」が、大事だと思う。そして、もっと重要なことは、「国益」ということについてどれだけの検討を重ねたか、ということだ。『孫氏』ではないが、相手の考え方や行動特性を十分に検討した上で臨まなければ、戦いの成果は「危うし」ということになる。
 果して、尖閣を「国有化」するという宣言が、どのような中国の態度や行動につながり、その結果が政治や経済において、どのような「国益」につながると考えたのだろうか。

 たびたび引用する「内田樹の研究室」の8月21日の「領土問題は終わらない」から。
「内田樹の研究室」の該当ページ

華夷秩序的コスモロジーには「国境」という概念がないということは『日本辺境論』でも述べた。
私の創見ではない。津田左右吉がそう言ったのを引用しただけである。
「中国人が考えている中国」のイメージに、私たち日本人は簡単には想像が及ばない。
中国人の「ここからここまでが中国」という宇宙論的な世界把握は2000年前にはもう輪郭が完成していた。「国民国家」とか「国際法」とかいう概念ができる1500年も前の話である。
だから、それが国際法に規定している国民国家の境界線の概念と一致しないと文句をつけても始まらない。
勘違いしてほしくないが、私は「中国人の言い分が正しい」と言っているわけではない。
彼らに「国境」という概念(があるとすれば)それは私たちの国境概念とはずいぶん違うものではないかと言っているのである。
日清戦争のとき明治政府の外交の重鎮であった陸奥宗光は近代の国際法の規定する国民国家や国境の概念と清朝のそれは「氷炭相容れざる」ほど違っていたと『蹇蹇録』に記している。
陸奥はそれを知った上で、この概念の違いを利用して領土問題でアドバンテージをとる方法を工夫した(そしてそれに成功した)。
陸奥のすすめた帝国主義的領土拡張政策に私は同意しないが、彼が他国人の外交戦略を分析するときに当今の政治家よりはるかにリアリストであったことは認めざるを得ない。


 野田ドジョウ政権には、陸奥宗光の万分の一もの分析力もなかったようだ。四千年の歴史を背景に持つ彼らの「中華思想」を刺激した以上、「国際法」を持ち出したところで、事態は解決しない。もちろん、それを承知の“カード”であり、二の矢、三の矢を準備しているのならよいのだが、とてもそうは思えない。

 こうなった以上は、本来は官僚の力の見せ所であずなのだが、“死に体”の政府のために彼らが一所懸命に仕事をしそうにはないし、その力量も了見もなさそうだ。これまでの歴史が物語るように、政財界や文化人などのあらゆるパイプを使って、中国要人と人と人のつながりを通じて事態の収拾を図ることも選択肢の一つだが、産業界と現政権の信頼関係も強いとは思えないし、今の日中間に事態を改善させる人脈がありそうにも思えない。
 
 残念だが、この混沌はしばらく続くと覚悟するしかなさそうだ。
[PR]
by koubeinokogoto | 2012-09-29 09:25 | 戦争反対 | Comments(0)
私は、今になって、井上ひさしを見直すことになった。

 月刊『現代』で1995年6月号から1996年1月号まで、四回に分けて掲載された司馬遼太郎と井上ひさしの対談が、単行本で1996年7月に発行され、講談社文庫で1999年に発行されていた。先日、古書店で文庫を見つけ、ようやく読み終わったのだが、一部引用したい。

 井上から“核燃料”や“廃棄物”という言葉が、司馬との対談で十五年余り前に語られていたとは、知らなかった。「日本人の器量を問う」の中の“「普通の国」より「理想の国」より”。

e0337865_16394866.jpg

司馬遼太郎・井上ひさし『国家・宗教・日本人』(講談社文庫)

井上 日本人はこの五十年間、一生懸命働いて生活を何とか立て直そう
   という気持ちを持ってきました。ぼくももちろんそうでしたし、
   それは大変意味のあることだったと思います。しかし、この五十
   年目にその考え方にけじめをつけるときが来たといいますか、いま、
   断崖に立たされているような気がします。
    たとえばわれわれはムルロア環礁の核実験に反対していますが、
   調べていくと、日本は中国からウランを買って原子力発電所を稼動
   させて、その廃棄物の処理をフランスの核燃料公社に頼んでいる。
   フランスとの取引額でいちばん大きいのが、ルイ・ヴィトンと
   この核燃料公社へ払う金なんですね。
    フランスの核燃料公社には、他の国からも廃棄物がきます。核燃料
   公社はそれを処理して、ここからプルトニウムを取る。このプルト
   ニウムで核兵器をつくるわけです。そうすると、ひょっとしたら、
   私たちの使った電気の残り滓から、実はムルロアで爆発する核兵器の
   何分の一かができている可能性がある。
司馬 むろんありますね。
井上 とすると、フランスに抗議するのはもちろんですが、やっぱり日本人
   が自分たちの生活から核の問題を考え直さなければいけないのでは
   ないか。たとえば原子力発電所に対する態度です。どこまでも断々乎
   として平和利用しよう、あるいは原子力発電所は世界的に流行(はや)
   らなくなったので違う手を考えようということでもいい。そういう国民的
   議論をして、日本政府の態度にわれわれの考えをきちんと反映させて
   核に向かっていかないと、外から見ると力の弱い反対になってしまう。
司馬 そうですね。


 ムルロア環礁は、フランスが度々核実験をしていた地域である。

 井上ひさしは、ある神父の支援を得て大学を卒業している。だから、この発言は、いわばキリスト教における“原罪”意識を背景にしているように思う。そして、それは、高木仁三郎さんなどが原子力の専門家として主張する論法とは切り口は違うにしても、忘れがちな日本人としての“立ち位置”のあるべき姿を示しているように思う。そして、その主張の時間軸は決して短くはない。

 最近のニュースで目にする原発や再処理施設立地地域である青森や福井の首長は、どこまで長い時間軸で語っているのか、疑問だ。原発や再処理施設がなくなることによる経済的なダメージのみを考えているとしか思えない。
 原発がある限り放射性廃棄物は増え続ける。再処理をすることでプルトニウムができ、核兵器開発の材料ができる、という問題との優先順位がつかない近視眼的な思考のみの政治家は必要ない。もちろん、原発や再処理施設で従事している人々が、施設をなくすことで被る被害は、国や電力会社によって補償されるべきだろう。

 残念ながら、井上の主張するような“国民的議論”は1996年には起こらなかった。では、それはいつのことになるのだろう。今こそ、本質的な問題として、原発が稼動している間に、どんどん放射性廃棄物が生み出されていることを直視し、まず原発を止めること、そして放射性廃棄物を再処理することなく段階的にいかにして処理するかについて、日本の誇る技術も駆使して検討することこそが日本がすべきことであろう。モノづくり日本の英知と技術は、今後脱原発や、再生可能エネルギーの分野でこそ生かされるべきではないだろうか。


 あらためて、井上ひさし。私は、彼の著作を数冊読んだ程度で、イメージとしては「ひょっこりひょうたん島」のほうが強く、芝居も見たことはない。早い話が詳しくは知らなかったのだが、15年余り前に、当時はまったくのマイノリティであろう、真っ当な感性で原発や核兵器の問題、そして被爆国日本のあるべき姿のことを、語っていたとは思わなかった。こういう主張が、あの時期に大きな力を持たなかったのは残念だが、今こそ、“国民的議論”につなげる時なのだと思う。

P.S.
昨夜の第一稿の誤字や事実誤認などを訂正し、大幅に追加をしていますこと、ご容赦のほどを願います。酒の勢いで書いたものを十分に校正せずに公開し、反省しきりです。
[PR]
by koubeinokogoto | 2012-09-24 22:47 | 原発はいらない | Comments(4)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛