幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

「中央構造線」周辺での地震が続く中、原発の運転再開は無謀だ!

松本での地震の後に、この「中央構造線」を紹介した。
*図は「中央構造線」のWikipediaより。 
e0337865_16392296.png

「中央構造線」のWikipedia

 7月6日の夜、和歌山北部での震度5+の地震。まさに「中央構造線」(赤い線)沿いである。
 玄海原発は赤いラインの西端から決して遠いとは言えない。

 すでに書いた通りで、6月7日の海江田大臣からの電力会社への指示には、耐震強化的なものは一切含まれていない。国は、“シビアアクシデント”、などという英語で誤魔化しているが、地震や津波などの災害による重大事故後の限定的な対策について確認した、として休止中の原発の再稼動が可能だと言っている。

 いつ、どこで、震度5や6クラスの地震が起きるかもしれない状況にある今、なぜ原発を再開させることができるのだろうか。放射性廃棄物の処理と同様に、問題を先送りし僥倖を期待するだけという原発対策は、まったく国民無視の悪行である。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2011-07-05 22:22 | 原発はいらない | Comments(0)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛