幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

原発問題、新政権の行方を注意しなくてはいけない!

玄葉が東電の値上げ意向に不快感を示そうが、野田が国民に見かけだけのリップサービスをしようが、この新政権の原発への取り組みには、しばらく注意する必要がある。時事ドットコムの該当記事

着工済みは容認の可能性=官房長官が示唆−原発新設
 藤村修官房長官は6日午後の記者会見で、原子力発電所の新設を否定した野田佳彦首相の発言に関し、「『新規建設』を言葉通りに取ると、今から土地を手当てし、新たに建設するという意味だ」と述べ、一定程度計画・工事が進んでいる原発の完成、新規稼働はあり得るとの認識を示唆した。
 今年3月の東京電力福島第1原発事故を受け、電力各社は原発の新設計画・工事を全面的にストップ。首相は2日の就任会見で、「新規の建設予定は14機あると思うが、新たに造るのは現実的には困難」と明言した。藤村長官は個別の原発建設の可否については、「厳密には答えられない。首相に聞いていただいた方がいい」と言及を避けた。
 新設予定の14機のうち3機は着工済みで、中国電力島根原発3号機はほぼ建設が完了している。藤村長官の発言は、エネルギーの安定確保の観点から、進捗(しんちょく)状況や地元の意向によっては、計画続行、工事再開の余地を残しておいた方がいいとの判断があるとみられる。(2011/09/06-21:27)



 “着工済み”だから稼動させる、という論理が、たぶん政府の基本見解なのだろう。野田は、そのうちいろんな理屈をつけで稼動させようとするはずだ。
 そして、玄葉の発言に代表されるように、フクシマの責任は東電になすりつけようとするだろう。しかし、言うだけ言ってから、電気料金値上げを抑えたところで、政府は我々国民の税金を使うような施策を実行するはずだ。

 震災、そしてフクシマ、誰のためにこの国があるのか、その大義が問われている中、この新政権のトップの野田に対して、半年後に“菅のほうが、まだ良かった”と言われないようになるのかどうか、それは“菅前”“菅後”の国民への評価でもあるのかもしれない。日本国民が、それほど馬鹿ではないことを世界に示すのが、実はこれからの一年なのかもしれない。そんな気がする。
[PR]
Commented by あっころ at 2011-09-09 11:27 x
新たな原発など、基本的に欲しくもないですが、しかし関西など原発への依存が50パーセントに上がっている場合
原発をすぐ廃止ってのも混乱を起こすし現実的でない気がします。
それで古い原発をだましだまし使うほうがリスク的には危ないわけで、それなら危険度を比較してできてしまったほうを動かし老朽化したものストレステストでやばいものから廃止したほうが安全面では良いのではって思うのです。なんでもダメ、それも安全神話を作る要因になったのではないかと・・・冷静な比較をする、という事も大切ではないでしょうか?

Commented by 小言幸兵衛 at 2011-09-09 12:21 x
コメントありがとうございます。ご指摘の主旨はよく分かります。
反対だから、すぐやめろ、と言うつもりはありません。
脱原発の道筋を描きながら、複数の代替案の模索、調査や実験などを含め、現実的な施策を実行すべきだと思います。問題は、中長期的なビジョンや青写真、計画が示されないでいると、ズルズル進んでしまい、再度大事故が発生する可能性もある、ということです。
エネルギー問題と併せて、日本人の生活のあり方を含め、今後も継続的に考えるべき重要な問題だと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2011-09-06 22:25 | 原発はいらない | Comments(2)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛