幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

「核不使用」共同声明に署名しない政府への、大手メディアの“沈黙”。

昨日、2015年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けた準備委員会で、日本政府は核兵器の不使用を訴える共同声明に署名しなかったことについて書いた。

 今日の新聞で、社説でこの問題を批判しているのは、今のところ高知新聞しか見当たらない。せっかくなので、全文引用する。
高知新聞サイトの該当記事

【核不使用声明】被爆国がなぜ賛同できぬ
2013年04月26日08時03分

 核廃絶へ地道に取り組む広島、長崎の被爆者らの思いを踏みにじるものではないか。
 ジュネーブで開かれている2015年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けた準備委員会で、日本政府は核兵器の不使用を訴える共同声明に賛同しなかった。
 米国が提供する「核の傘」への影響や、核使用をちらつかせる北朝鮮への抑止力低下を懸念したためとされる。だが、同じく米国の核抑止力に依存する北大西洋条約機構(NATO)加盟国は名を連ねている。唯一の被爆国の姿勢が問われる事態だ。
 共同声明は核兵器の非人道性を強調し、「いかなる状況下でも核が再び使用されないことが人類の生存に利益となる」とする。ごく当然の内容であり70カ国以上が賛同した。
 日本は「いかなる状況下でも」の文言削除を求めたが、受け入れられなかったため賛同しなかった。これを裏返せば、日本は場合によっては核使用を認めるということだ。しかし、そんなことがあっていいのだろうか。
 今年3月、オスロで開かれた「核兵器の非人道性に関する国際会議」で、日赤長崎原爆病院の朝長万左男院長は爆心地などでは2千度の熱線、毎秒80㍍の爆風、高線量の放射線で多数が殺された実態を訴えた。その上、68年前に受けた遺伝子の損傷は被爆者を生涯苦しめる。核は「遺伝子標的兵器」という朝長さんの指摘は重い。
 日本政府の姿勢は、被爆の実相を伝えようとしてきた広島、長崎の努力とは相いれないものだ。
 日本は昨年秋の国連総会でも「核兵器を非合法化する努力」を促した共同声明への賛同を求められたが、今回と同様の理由で拒否している。
 被爆国として率先して主張すべきテーマにもかかわらず立て続けに拒否したことで、核廃絶に向けて努力する国際社会の足を日本が引っ張っているとも受け取られかねない。
 現実に核兵器が存在する限り核抑止力は必要というのも、日本政府の基本的な立場だ。だが、現実論にとどまっているだけではいつまでたっても「核なき世界」は訪れない。
 核不使用声明にあるように、核兵器が再び使われないことを保証する唯一の手段は核廃絶である。究極の目標に少しでも近づくためのリーダーシップを、日本はもっと発揮すべきだ。


“日本は「いかなる状況下でも」の文言削除を求めたが、受け入れられなかったため賛同しなかった。これを裏返せば、日本は場合によっては核使用を認めるということだ。しかし、そんなことがあっていいのだろうか”、という問いかけは、非常に真っ当なものだ。
 最後の、“核不使用声明にあるように、核兵器が再び使われないことを保証する唯一の手段は核廃絶である。究極の目標に少しでも近づくためのリーダーシップを、日本はもっと発揮すべきだ”、という主張も、まったく道理である。

ちなみに、朝日、読売、毎日の今日の社説のタイトルを並べてみる。

朝日新聞(4月26日の社説)
・靖国と政治—静かな参拝のためには
・豪雨避難勧告—命守りぬく判断能力を

読売新聞(4月26日の社説)
・B787再開へ 安全最優先で世界の空を飛べ
・非核化拒む「北」 警戒も制裁も緩めてはならぬ

毎日新聞(4月26日の社説)
・村山談話の評価 首相の歴史認識を疑う
・還元セール規制 消費喚起の工夫こらせ

 チェルノブイリから27年、という一つの節目の時期に、日本政府がとった「核」使用を認める行為に、この三紙は、まったく言及していない。

 安倍自民党政権の広報紙、産経もついでに。
産経新聞(4月26日の主張)
・本紙「国民の憲法」要綱 戦後体制との決別を急げ

 日経はこうだった。
日本経済新聞(4月26日の社説)
・米欧企業に影落とす新興国景気の減速
・歴史問題を過熱させるな


 この大手メディアの、この度の日本政府の行動に対する“沈黙”が、今日の日本におけるジャーナリズム不在を物語っている。「ジャーナリズム不在症候群」とでも言おうか、それとも「新聞政府広報紙化症候群」と言ってもいいかもしれない。この病巣は深くて広い。相当末期的な症状を呈している。そのうち「ジャーナリズム」と「ジャーナリスト」という言葉は、死語になるだろう。

 坂本龍馬の故郷高知の新聞人は、さすがに太平洋をまじかに眺め、“グローバル”な視点でものごとを考えている、ということか。私から「本日の社説大賞」を授与させていただく。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2013-04-26 12:00 | 原発はいらない | Comments(0)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛