幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

「共謀罪」に関するㇽ・モンドの適切な記事ー「内田樹の研究室」より。

 久しぶりに「内田樹の研究室」からご紹介。
 フランスの「ㇽ・モンド」が、「共謀罪」をごり押ししようとしている安倍政権の問題を適切に指摘している。
「内田樹の研究室」の該当記事

 全体はリンク先でお読みいただくとして、最後の部分を引用。

この法案については国連も不安を感じている。5月18日付の書簡において、国連のプライバシーについての特別報告者Joseph Cannataciは「『計画』と『準備行動』を構成するものの定義の曖昧さゆえに、法案が恣意的に適用されるリスクに対する懸念」を明らかにした。氏はまた「テロリズムとも犯罪ともいかなる関係も見られない」犯罪のリストが含まれていることに疑義を呈し、「プライバシーと表現の自由の保護に対する不適切な抑圧」のリスクを指摘している。
しかし、菅官房長官はこの書簡は「まったく不適切であり、われわれは厳重に抗議する」と反論している。驚くべき反応である。というのは、日本は他のことについては国際法の順守をこれまで強く訴えてきていたからである。

 私も、あの菅の「厳重に抗議する」という会見には、驚いた。
 リスクを抑えて運用する、とでも言うか、抵抗するにしても、もっと言い方があるだろうに。

 菅は、安倍政権の中では、唯一、安倍の暴走を止めることができる男だと思っていたが、大いなる錯覚だった。

 というか、安倍政権は、ミニ北朝鮮化しているのではないか。

 人の意見に耳を貸さず、自分たちが正しい、他人が間違っている、という姿勢こそが、ファッショの根源にある。
 そして、親分には逆らえない空気が濃厚に漂っているのだろう。

 北朝鮮と似ている点は他にもあって、自衛隊を軍隊として憲法に定義し、堂々と武装化しようと画策している。

 原発再稼働には、核保有という裏の目的が見え隠れしている。

 「馬鹿に刃物」というのも、半島のクレージーな国との共通点ではなかろうか。

 実に恐ろしい国になりつつある。

 メディアは、目を覚まさなければ、彼らも検閲国家、警察国家の犠牲になると、なぜ気が付かないのか。

 そんなに、安倍が怖いのか。


 昨日行った落語会で、ある落語家がマクラで、「信用できるのは、東スポ(東京スポーツ)か日刊ゲンダイ位しかなくなる時期が来るかもしれない」と言っていたが、決して大げさなことではないだろう。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2017-05-29 21:33 | 責任者出て来い! | Comments(0)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛