幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

なぜ、真夏に五輪を開催するのか。

 なんとも暑い日々が続く。

 三年後の東京五輪は、まさにこの暑い最中に開催される。
 
 個々の競技を含む日程は、「2020東京2020」というサイトに詳細が掲載されている。
「2020東京2020」サイトの該当ページ

 7月24日が開会式だが、サッカーは22日から始まる。
 8月9日が閉会式。
 ちなみに陸上のマラソン女子は8月2日で、男子は閉会式の8月9日。

 昭和39年の大会は、ご存じのように、10月10日が開会式。
 旧体育の日。

 なぜ、こんな暑い時期の開催なのか・・・・・・。

 IOCのお達しなのだが、それには多分に商売の論理が影響している。

 IOCは開催都市に立候補する大前提として、7月15日~8月31日で開催することを求めている。

 それは、欧米のテレビで五輪の放送時間を確保するためなのだ。
 9月に入るとサッカーの欧州チャンピオンズリーグの戦いがあり、米プロフットボールのNFLも開幕する。IOCが夏にこだわるのは、これらとの競合を避けるためなのである。

 要するに、魅力的なプログラムのない“夏枯れ”に、オリンピックを開催させるのであって、そこには、開催都市(国?)の意向などは入る余地がない。
 オリンピックという素材をメディアに高く売るための、猛暑での開催なのだ。

 biglobeの「ZenTech」という旅行に関するサイトに、リオデジャネイロと東京の気温などの比較グラフがあったので、お借りする。
ZenTechサイトの該当ページ

e0337865_16401799.gif


 リオ五輪は、8月5日から21日に渡って開催された。

 ご覧のように、8月の平均最高気温は、リオの方が東京より大幅に低い。
 一年中で、温暖差が少ないとはいえ、リオは南半球にあるから、季節なら冬なのである。

 安倍が原発は「Under Control」という嘘までついて招致した五輪だが、果たして、暑さという自然を、どうコントロールしようとしているのか。

 とはいえ、自分の部下たちをコントロールできない安倍が、三年後に開催国の首相でいるはずもないか。

 人間的な、そして自然と融和した発想に基づくならば、「不要不急」な場合には外に出るな、と言われるような30度を超える猛暑の時期に五輪など開催するのは愚の骨頂であり、そのために歴史と文化に立脚する街を破壊することなど、暴挙としか言えない。

 新国立競技場も、まだまだ問題を抱えている。

 二度目の東京五輪など開催する必要はないのだが、もし、開催するなら、時期を開催する側が主体的に選べるようにすべきである。

 IOCの利益のために五輪が存在すること自体が、問題なのだ。

 IOCやFIFAの商売の論理の背景には、構造的に裏の経済が潜んでいることは明白である。

 百歩譲って夏に開催するならば、少なくとも、国民に熱中症などの被害が出ないように、最大の努力をする政治家と官僚がいる国であって欲しいものだ。

 しかし、それは、選手が金メダルを取ることより、難しいことかもしれないなぁ。

 
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2017-07-20 16:56 | 市場原理主義、新自由主義に反対! | Comments(0)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛