幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

日本のメディアよ、ハラスメント被害者として「MeToo」と叫ぼう!

 日本の財務大臣は、セクハラ報道がピュリツァー賞を受賞したことを知らないのかもしれない。

 HUFFINGTONPOSTから引用する。


HUFFINGTONPOSTの該当記事

2018年4月17日
ピュリツァー賞、「MeToo」ムーブメント起こしたセクハラ報道が受賞
「全世界的に女性に対する性的虐待について深く考えるきっかけを与えた」
生田綾、久世和彦

アメリカ・コロンビア大学は4月17日(日本時間)、優れたジャーナリズムなどを表彰するピュリツァー賞の2018年度受賞者を発表した。

ジャーナリズム関連の賞で最も栄誉とされる「公益賞」は、映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏らのセクハラ疑惑を報道したニューヨーク・タイムズと、雑誌のニューヨーカーが同時受賞した。

ニューヨーク・タイムズ紙がセクハラ疑惑を報じたのは、2017年10月5日。映画「英国王のスピーチ」などを手がけたワインスタイン氏が、数十年にわたって女優やスタッフにセクハラを続けてきたことを、女優のアシュレイ・ジャッドさんが実名で告発した。

ニューヨーカーでは、グウィネス・パルトロウさん、アンジェリーナ・ジョリーさんなどの女優らが被害を告白。50人以上の女優が名乗り出たことから、SNS上で「#MeToo(私も)」のハッシュタグでセクハラを告発するムーブメントが発生した。

ピュリツァー賞のダナ・カネディ事務局長は、受賞理由について次のように述べた。

「権力と富を握り、弱みに付け込み性犯罪を犯す人間たちは、長い間被害者たちを抑圧し、野蛮な行為をし、黙らせた。(ニューヨーク・タイムズやニューヨーカーなどの報道機関は)その責任を追求した。その結果、全世界的に女性に対する性的虐待について深く考えるきっかけを与えた」


 “権力と富を握り、弱みに付け込み性犯罪を犯す人間たちは、長い間被害者たちを抑圧し、野蛮な行為をし、黙らせた”という指摘は、現在進行している財務省が省ぐるみで行っていることへの形容そのものではないか。

 被害を自社のメディアに自ら記事として書くことができず、週刊新潮にリークした女性記者は、きっと記者クラブの会員で、自社の上司にセクハラ問題を訴えても、次官を敵に回すことができないため、握り潰された末の行為なのかと推測する。

 彼女は辛い立場にあるだろうが、ここは勇気をもって「MeToo」と叫んで欲しい。

 きっと、他にも被害者はいるに違いない。

 そして、彼女の上司、経営管理者たち、ジャーナリズムの世界にいる当事者たちは、ニューヨーク・タイムズやニューヨーカーに学んで欲しい。

 福田次官の更迭は時間の問題^^

 麻生財務大臣だって、先は長くない。

 もうひと押し、なのだ。

 安倍政権は、メディアを恫喝してきた。
 セクハラのみならず、パワハラの被害にメディアは遭遇してきたではないか。

 「MeToo」は、すべからく、権力ある者からのハラスメントへの抗議の言葉として使われてよいのではないか。

 日本のメディアよ、「MeToo」と叫ぼう!

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by koubeinokogoto | 2018-04-18 12:26 | 責任者出て来い! | Comments(0)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛