人気ブログランキング |

幸兵衛の小言

koubeinoko.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 平成30年7月豪雨の被害は、まだ続いている。
 国民の苦難を度外視して、赤坂の宴会に参加していた安倍は、被災地を訪問して、災害発生から対策に取り組んでいたという真赤な嘘をついている。
 
 あの宴会について、なんと、立川志らくが、安倍政権を擁護するような発言をしていたらしい。

 LITERAの記事を引用する。

LITERAの該当記事

立川志らくと八代弁護士が「赤坂自民亭」をエクストリーム擁護!「宴会は悪くない」「自民党の人が飲むわけない」
2018.07.12


 西日本各地に甚大な被害をもたらし、現在も行方不明者多数、大勢の人が避難生活を強いられている西日本豪雨。安倍首相の初動の遅さはついに海外メディアからも批判があがったが、そんななか、昨日11日放送の『ひるおび!』(TBS)では、安倍首相が5日夜に例の宴会に参加したことに関し、安倍応援団コメンテーターの八代英輝弁護士らが徹底擁護する一幕があった。

 まず番組はVTRで「赤坂自民亭」に批判の声が集まっていることを紹介。周知の通り「赤坂自民亭」とは、十数万人に避難勧告が出されるなど警戒が高まっていた最中、自民党の中堅・若手議員らが開いた宴会のこと。この飲み会には安倍首相のほか、災害対応を指揮する立場の小野寺五典防衛相や西村康稔内閣官房副長官らが多数参加し、西村官房副長官に至っては安倍首相を囲む面々が赤ら顔でグラスを傾ける写真を嬉々としてTwitterにアップしていた。

 すでに5日14時の時点で、気象庁は「記録的な大雨となるおそれ」と大雨では異例の緊急会見を開き、17時台には「厳重な警戒」を呼びかけていた。にもかかわらず、安倍首相ら政権幹部は内輪の酒盛りで騒いでいたのだ。

 安倍首相は政府の初動対応の問題を一切認めていないが、誰がみても、政権幹部がなすべきことをやらずにいたのは明白。一部メディアは被災地の人々からも「赤坂自民亭」に対する批判の声があがっていることを伝えている。

 ところが、VTR開けの『ひるおび!』のスタジオでは、そうした政府の初動を批判するのではなく、逆に、エキセントリックな政権擁護トークが繰り広げられたのである。まず、立川志らくがこんなことを言い出した。

「ただ、酒を飲んだことを非難してもしょうがなくて、なぜ自民党の人が呑気に酒を飲むような状況になってしまったのか、もっとこういう被害になるっていうことは、あらかじめ、もっともっと推測できなかったのか、その問題を解明、究明しないと意味がないですよね。『なんだ!酒を飲んで!このやろう!』って感情だけで怒っててもね。もっと早くに、これだけの雨が降ったんだから、自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがないですから。そこらへんをちゃんと究明しないと。ただただけしからんって周りが怒っても」

 志らくの頭は大丈夫なのだろうか。繰り返すが、気象庁は昼には異例の記者会見を開き、18時までにたとえば京都では河川の増水などによる14万人に避難指示が出されていた。にもかかわらず、自民党の面々は宴会をひらいて、20時すぎには安倍首相もその輪の中にはいっていたのだ。志らくは「自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがない」と断定するが、事実として、安倍首相は「国民の命を無視して飲んでいた」のである。

 これだけでも呆れるが、さらに志らくはこう続けた。

「野党の人たちなんかも『国民を無視してる、冗談じゃない!』って言うけどいまそんなときじゃない。みんな一緒になって、与党も野党も一緒になって災害対策する、今後の復旧・復興を考えなきゃいけないのに、揚げ足をとっている場合ではないですね」

 クラクラしてくる。確認するが、今回、飲み会に参加していたのは、行政の長である安倍首相や自衛隊の陣頭指揮を担う防衛省トップである小野寺大臣ら政府幹部だ。そうした政府の災害対応の杜撰さを批判するのは当然だ。

 安倍政権にも呆れるが、この志らくの発言にも、呆れる。

 志らくの言葉に、答えよう。

 “なぜ自民党の人が呑気に酒を飲むような状況になってしまったのか”

  →“責任感も危機意識もないから、呑気に酒を飲む状況になったのだ”

  “これだけの雨が降ったんだから、自民党の人たちだって国民の命を無視してこうやって飲むわけがないですから”

  →“事実として、国民の命を無視して飲んでいたのだ”

 “みんな一緒になって、与党も野党も一緒になって災害対策する、今後の復旧・復興を考えなきゃいけないのに、揚げ足をとっている場合ではないですね”

  →“野党にまで責任を押し付けるな。国家レベルの災害対策の責任は国にあり、
  政府が関連官庁を総動員して当るべきなのだ。それを怠っていることを非難する
  のは当然のこと、揚げ足とりではない”


 ある時期、志らくの落語を集中的に聴いたことがある。
 
 しかし、次第に彼から足が遠のいた。

 なぜか振り返ると、独自のクスグリや古典の改訂には見るべきものがあるのだが、それが表層的に思えたからだろう。

 達者な芸人ではあるが、一本筋が入った人物、とは思えなかった。

 笑わせたい、売れたい、という彼の思いが透けて見えてきたから、聴かなくなったのだろう、と思う。

 そして、彼は売れてきた。

 テレビへの露出も増えた。
 弟子も不思議なくらい、多い。

 しかし、噺家としての彼は、どれほど人間として成長したのだろうか。

 政権擁護姿勢が顕著なテレビ局の番組で、コメンテーターなるお手軽なタレント業を続けることに、危機感はないのだろうか。

 彼の著作をAmazonのレビューで高く評価したこともある私として、ある意味、実に残念だ。

by koubeinokogoto | 2018-07-13 12:53 | 責任者出て来い! | Comments(6)
 「平成30年7月豪雨」は、とんでもない被害を出している。

 真夏日の太陽の元で、「暑い!」などと言っていることは恥じなければならない。

 そんな大災害がいまだに現在進行中なのだが、この国の政府は、とんでもないことをしている。
 
 LITERAから引用。
 
LITERAの該当記事

豪雨災害で安倍首相の対応がヒドい! 自民飲み会優先、対策本部立ち上げず2日間放置しながら「時間との戦い」と大見得
2018.07.08.

 西日本を襲った記録的豪雨は、いまなお大きな被害をもたらしている。本日20時現在、全国で78人が死亡、少なくとも60人の安否が不明で、今後、さらに被害は拡大するとみられている。

 こうした緊迫した状況がつづくなか、批判が高まっているのが、あまりに遅すぎる安倍首相の対応だ。なんと、安倍首相はきょうの午前8時になってようやく非常災害対策本部を立ち上げ、こう宣言したのだ。

「救命救助、避難は時間との戦い。引き続き全力で救命救助、避難誘導にあたってもらいたい」

 すでに被害者数は、百名を超えている。

 「時間との戦い」と言った安倍だが、この政府がやっていることは、まったくその言葉とは裏腹だ。

 気象庁は、7月5日14時の段階で「西日本と東日本で記録的な大雨となるおそれ」「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となるおそれ」「この状況は、8日頃にかけて続く見込み」と発表していた。実際、5日夕方に京都では河川の増水などで、14万人に避難指示が出された。

 だが、安倍首相は、この日の夜、自民党の中堅・若手議員らが開いている「赤坂自民亭」に参加。この会は、竹下亘総務会長が「亭主」を、“ドリル破壊大臣”こと小渕優子・元経済産業相が「若女将」、吉野正芳復興担当相をはじめとする7期生が「店員」を務めるという“ごっこ遊び”のような内輪の飲み会で、安倍首相が参加したのは9月の総裁選に向けた票固めのための行動であることは疑いようがない。

 しかも、この会には、翌日、オウム真理教の死刑囚7人を同時に処刑するという異常な“ショー”の命令を下した上川陽子法相が「女将」として参加しただけでなく、自衛隊派遣の要請を受け指示をおこなう立場にある小野寺五典防衛相まで参加していたのだ。

 災害の危機が差し迫るなかで総裁選の選挙運動に勤しむ総理と、課せられた重大な責務に対する真摯な態度もない小野寺防衛相に上川法相……。そして、安倍首相は公邸ではなく、私邸へと戻っていったのである。

 この段階から安倍政権の災害に対する危機管理意識はゼロだと言わざるを得ないが、さらに酷かったのが、前述したオウム死刑囚の死刑執行だ。

 この6日朝の時点で、九州や四国、中国・関西地方で川の氾濫や土砂崩れなどの被害が伝えられていた。だが、テレビは麻原彰晃死刑囚らの死刑執行が伝えられるや否や、各局ともオウムの話題一色に。報道されるべき災害情報が阻害されてしまったのだ。

 死刑を執行すれば報道がこうなることは誰でも予想がつく。安倍首相は3日前にはこの日の死刑大量執行を把握していたとみられているが、災害対応や情報の混乱を考慮して、この日の執行を止めることをしなかったのだ。

 多くの国民が生死の境をさまよっている中、お遊びの飲み会に参加している首相、そして、大臣たち。

 そして、予定されていたオウム死刑囚の死刑執行を止めることなく、災害報道よりも死刑執行のニュースがメディアに露出することを期待していたとしか思えない、その判断。

 このような状況において、安倍は、11日から予定した欧州・中東訪問を実施しようとしていた。

 しかし、さすがに与党からも反対され、ようやく止めたのである。

 彼にとっては、国民の生命よりも、スタンドプレーの外交の方が優先していたのだ。
 時事ドットコムの「首相の動静」7月5日版から、若手議員とのお遊び飲み会の部分を、引用する。
時事ドットコム2018年7月5日「首相の動静」
 午後8時28分、東京・赤坂の衆院議員宿舎着。同党の若手国会議員と懇談。上川陽子法相、同党の竹下亘総務会長、岸田文雄政調会長ら同席。
 午後9時19分、報道各社のインタビュー。「懇談はどうだったか」に「和気あいあいでよかった」。

 豪雨被害が拡大する中、何が「和気あいあい」だ!

 そんな心境になれないはずなのが、一国の長の立場なのではないのか。
 彼には、苦しむ国民のことや、七人同時死刑執行という大事について思いめぐらす空想力や、状況変化への対応力が、皆無なのである。
 
 もはや、こんな政府には、国民の財産、そして生命を守ることは期待できない。


by koubeinokogoto | 2018-07-09 20:36 | 責任者出て来い! | Comments(2)

人間らしく生きることを阻害するものに反対します。


by 小言幸兵衛